トイレをピッカピカにするための賢い掃除のコツ

便器をキレイする

トイレ掃除はつい面倒になってしまいますね。

でも、訪問先でリビングが素敵に飾られていても、トイレが汚かったらがっかりしてしまいますよね。

お客様にそう思われないように、自分の家のトイレもしっかりと掃除するようにしましょう。

汚れに気づいたらまめにきれいにする

トイレに入ったついでに、さっとお手入れできるようにしておけば、掃除も億劫になりませんね。

スポンサーリンク

それには掃除道具を常備しておくといいでしょう。たとえば手ぼうきを、座って目に付く場所にかけておくのはどうでしょう。

トイレの床はほこりがたまりやすい場所です。そういったほこりは便座に座ると気づきやすいので、さっと拭いてきれいにしましょう。

便座の表面と裏側も使用後にペーパーでさっと拭いて、一緒に流してしまうといいでしょう。

時間にして一分もかからないこの作業、クセにしておくと日頃のトイレ掃除が楽です。

また、一日一回は便器の中をブラシでこすって流しておきましょう。

週に一度は徹底的に

トイレはこまめに毎日掃除をしていれば、きれいな状態を保てますが、棚やタンク、ウォッシュレットの操作パネルなどにもほこりはすぐたまります。

やはり週に一度はきちんとトイレ掃除をしたいものです。

・便座・便ふたは悪臭の元

便座とぞうきん

その後、水ぶきをして完了です。やるときは便座の裏側も忘れないようにしましょう。

便座を外せるタイプのトイレならなら、月に一度くらいは外してきれいに拭き掃除をしましょう。

スポンサーリンク

温水洗浄便座や暖房便座には電子部品が内蔵されています。故障のもととなりますので水をかけるのは絶対にだめです。

便器についた洗剤は確実に拭き取るようにしましょう。

便器用洗剤などの気化ガスがウォシュレット本体内に入ると故障の原因になります。

全体を水拭きしたあと、便座と便ふたはしばらく開けたままにして乾燥させましょう。

・便器の汚れはまず種類を見極めて

トイレの中でも最も汚れやすい便器は、汚れの種類を見極わめたうえで汚れに合った掃除方法できれいにしましょう。
ピンクのブラシ
ピンクのスジ状汚れはバクテリアが原因です。これは市販の中性洗剤がとても効果的です。

黒いツブツブ汚れはサビです。便器にたまっている水を抜いて、酸性洗剤の原液を直接つけてしばらくの間おいておきましょう。

時間は3分以内で十分です。あとはブラシでこすって流しましょう。

しつこい黄ばみは小水や水あかで、黒い輪ジミはカビです。

内側に重曹の粉を振り掛け、便器の水が溜まっている部分にクエン酸を溶かし、ブラシなどでその水を重曹になじませていくと、発泡し汚れを分解してくれます。

流れ落ちやすい場所は、トイレットペーパーでパックをすると、効果がアップします。

それでも落ちない場合は、泡が発生しなくなった後もしばらく放置しておきましょう。

最後に水を流して、洗剤分を落として終了です。

・ウォシュレットのノズル

通常は水ぶきで大丈夫です。汚れがひどいときには、洗剤で拭いてから水拭きをしましょう。

このとき、ノズルの先端を無理に引っ張ったり、回したりすると破損や故障の原因になるので気をつけましょう。

・床

便器とのスキマや取り付け部分、便器の後ろ側にほこりがたまりやすく、水分を吸ってこびりついてしまったりするのでこまめに掃除したいものです。
ブラシと手袋
ほこりを掃きとり、住宅用中性洗剤で拭きあげましょう。便器と床のスキマの汚れは割り箸に布を巻いたものなどで拭くととりやすいです。

便器の脇などのシミは、アンモニアが原因です。クエン酸水などで拭くと尿のアンモニアを中和し、ニオイを抑えることができます。

アンモニア分はすぐに拭き取らないと、シミが広がるので注意しましょう。

トイレ掃除の際には、研磨剤入りや強酸性の洗剤、強アルカリ性の洗剤は便器の表面を傷つけやすく、雑菌が入り込みやすくなるので気をつけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする