洗面所をスッキリときれいにするコツ

スポンジできれいにする女性

朝起きて、必ずお世話になるのが洗面所ですね。

ここがピカピカだと、その日のモチベーションが上がる気がします。

ここでは洗面所をきれいに掃除したあと、それを長期間にわたって保つための普段の簡単なお手入れをお伝えします。

洗面所のどこをきれいにするか

洗面所には、掃除すべき細かい場所がたくさんあります。

スポンサーリンク

洗剤とスポンジ
・鏡・照明
・水栓金具
・キャビネットまわり
・排水口・排水管
・洗面ボウル
・カウンター
・床・壁・天井

いろいろな機能がコンパクトに収まっているのが洗面所なので、お掃除のしがいがありますね。

実際に作業する手順

・キャビネット周りの小物をすべて取り出します

古くなったもの、いらないものは思い切って捨てましょう。

洗面台の下に収納してあるものも、いったん取り出しておきましょう。

出したものはお風呂場かビニールシートを敷いた上に置くと床が汚れず作業がしやすくなります。

・キャビネット、カウンター、洗面台の下を掃除します

キャビネット
もし棚が外せるようなら、すべて取り外しましょう。ほこりをさっととったあと、台所用中性洗剤の水溶液を布に含ませて全体を拭いていきます。

細かい部分は綿棒や古い歯ブラシで掃除します。棚に汚れがこびりついていたらクリームクレンザーをつけた歯ブラシでこすってみてください。

その後、洗剤分を水ぶきで拭き取ってから、乾拭きます。油性の汚れはエチルアルコール(薬用アルコール)で拭いてみましょう。

・排水管にカビがついていたら

排水管のカビは、クリームクレンザーを歯ブラシにつけてこすり洗いします。

洗剤分を水ぶきで拭き取ってから、から拭きします。ここは湿気がこもりやすいので、しばらく開けっ放しで乾燥させましょう。

スポンサーリンク

・照明器具をきれいにする

照明器具を掃除する際は、まず電源を切り照明カバーと蛍光管を外します。蛍光管は、ぬるま湯に浸した布を十分に絞って軽く拭きます。

照明カバーは台所用中性洗剤で洗い、から拭きして乾かしたら元に戻します。

・鏡を水拭きします

水アカで曇った鏡の汚れを取り除くには、ホームセンターなどで売っている「ダイヤモンドパット」が便利です。

こすり方によっては鏡にキズをつけてしまう場合もありますので注意してください。

・洗面ボウルを洗う

洗い場
洗面ボウルに重曹スプレーをかけてこすり洗いをします。

樹脂製ボウルや傷つきにくい陶器製ならクリームクレンザーでも構いません。

オーバーフロー穴(上部の小さな排水口)の黒ずみはカビなのでこすれば取れます。

ヘアキャッチャーのついている排水口は栓をつまんで取り出し、歯ブラシでこすり洗いします。

▲フィニッシングペーパーを使って汚れをとる

・プラスチックやステンレスの上についたさびを取る

プラスチック部分やステンレスの部分についたさびは、浴室用クリームクレンザーで表面を傷つけないようこすり落としましょう。

・排水溝の掃除

排水溝というのは洗面台の下のパイプの曲がった部分になります。ここに常に水が溜まることで、下からニオイや虫が上がってこない構造になっています。

この部分は、クルクル回す「スネイクタイプ」や軽く動かす「魚の骨タイプ」などの排水溝掃除用グッズを使って掃除します。

髪の毛や異物を絡ませて引き上げ捨てた後、仕上げにパイプクリーナーで洗浄します。

習慣にしたい洗面所のお手入れ

クエン酸
いつもきれいな状態を保つために、洗面所でちょっとでも汚れているところを見つけたらすぐ拭き取ったり、髪の毛などを排水溝に流さないといった習慣をつけましょう。

クエン酸スプレーを洗面所に常備しておくこともおすすめです。

洗面所の汚れは水あかや石鹸カスなど、弱アルカリ性の汚れが多いので使い終わったあと、鏡や洗面ボウルに弱酸性のこのスプレーをシュッシュッとしてさっと拭き取る癖をつけるだけでずいぶん違ってきます。

また、洗面台に置くものや収納するものを減らすのも、きれいな状態をキープするのに役立ちます。

キャビネットの収納は70%以内に収め、外に出しておくものも最低限にしましょう。これできっと気持ちよく朝が迎えられることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする