車を掃除するときに知っておきたい基礎知識

車を洗剤で洗う

ピカピカの車を運転すると、気分もよくなりますね。

洗車専用のグッズもたくさん売られていますし、中には車の掃除が趣味だという人もいるくらい、やみつきになる人もいるようです。

ここでは、車をきれいに掃除するときのコツを紹介してみたいと思います。

ボディを隅々までピカピカにする

車の掃除は、通常は洗車→拭き取り→ワックス掛け→拭き取りの順で進めます。

各工程においての、注意事項やコツを解説していこうと思います。

スポンサーリンク

・ボディを洗車

ボディ洗車の際に、注意しなければならないのが、強く擦りすぎて傷をつけないようにするということです。

カーシャンプーを使うときはブラシなどより柔らかい布やスポンジで泡立てるように洗っていきましょう。

・ワックスをかける

ワックスは塗装の種類やボディの色によって分かれていますので、必ず自分の車にあったものを使うようにしましょう。

また、一般的なワックスには研磨剤が入っているので、新車や塗装したてのボディだと傷がつきやすくなります。

ある程度乗って、水垢などがついてきて艶が落ちたり、洗剤だけでは落ちない汚れがつくまでは、研磨剤の入ったワックスの使用は避けたほうがいいでしょう。

また、一般的にふき取りが楽な半練りタイプはコーティング効果の持続時間が短く、拭き取りが面倒な固形タイプはカルナバ成分が多いので効果が長持ちするという特徴があります。

ワックスは一度かけ始めたら、定期的にかけるようにしましょう。

新しい塗装用には、研磨剤の入ってないタイプのワックスを選択するか、プロのボディショップに相談して、コーティングを施すのがお勧めです。

・コンパウンド

研磨して汚れや傷を落とし、輝かせるものです。
コンパウンド
木の枝に擦った程度の小傷であれば、コンパウンドよって落とすことができます。

気をつけたいのは、磨くということで細かい傷がつき、水垢などの汚れが付着しやすくなることです。

コンパウンドをかけたら必ず、ワックスをかけるようにしましょう。

そうすることで、コンパウンドによる傷を目立たなくして、かつコーティングする効果も得られます。      

スポンサーリンク

・ピッチクリーナー・鉄粉除去剤

タイヤの後ろには、路面から跳ねる汚れやタイヤカスがついてしまいがちです。

特にピッチ・タールは、車の汚れのなかでもなかなか取れない厄介者です。

そういった場所にはピッチクリーナーなど専用の除去剤を使ってこそぎ落とすといいでしょう。

・ブレーキダストクリーナー

アルミホイールはブレーキダストクリーナーをシュッシュッと吹き付けて、ブラシをかけ水で流しておきましょう。

▲短時間で車をキレイに洗うコツ

ガラス部分をきれいにする

ピカピカの車
車のボディ全体の掃除が終わったら、次はガラスの部分をきれいにしていきましょう。基本は水洗いになります。

フロントガラスは、ワックスなどの油膜がつくと、雨の日などにギラギラの原因となってとても危険です。

どうしても雨の日のギラギラが気になるようでしたら、油膜クリーナーを使って、きれいに油分を落とすようにしましょう。

ガラスクリーナーできれいにした後は、さらに撥水剤を塗っておくといいでしょう。

撥水剤は数回の雨天使用でもしばらく効果が保たれますし、雨の日の運転をやりやすくしてくれます。

室内をクリーニング

ボディとガラス面の掃除が終わったら、次は室内をきれいにしましょう。
掃除機
まずは、掃除機でざっとほこりやゴミを吸い取ります。

取りきれなかった髪の毛やゴミは、ローラータイプの粘着シートなどで取り除きます。

シートのしみは固型石けんを水で濡らして軽くタオルになすり付けたあと、トントンと軽く叩いて掃除します。

そして、そのあとに乾拭きで仕上げます。事前にシートが石鹸分でシミにならないかを確認しておきましょう。

シボ加工された樹脂部分の汚れは、石けん水を付けたたわしで、斜めに動かすように軽くこすると落とせます。

スイッチや吹き出し口の中など細かいところの汚れは歯ブラシを使ってください。
コロコロ
メーターカバーはとてもデリケートなので、めがね拭きや携帯電話クリーナーがおすすめです。

フロアマットは固定用のフックを外してから取り外し、ゴミやほこりを外に出しましょう。外したマットは水をかけながらこすります。

ウインドウの内側はガラスクリーナーなどで拭くようにします。このときキワの部分も忘れないようにしましょう。

拭きムラの原因は、表面に残った水分なので、仕上げに新聞紙で乾拭きしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする