エタノールを使って上手に掃除をするコツ

プッシュボトル
「エタノール(エチルアルコール)」とは、お酒の成分で、高い殺菌消毒効果があるアルコール類の中のひとつです。

澱粉や糖蜜をアルコール発酵させてつくられています。揮発性が強く、一般的には「殺菌」「消毒」に多く用いられます。

日本薬局法で規定されている純度により、「無水」「消毒用」などと呼称が変化します。

掃除用に適しているのが、純度80%程度の「消毒用」で薬局で購入できます。

純度99.5%以上の「無水」は揮発が早すぎて、殺菌作用がないため、電気機器以外の掃除にはお勧めできません。

キッチン周りや冷蔵庫の中などを清潔に保ちたいときや、風呂場や押し入れのカビ退治に有効です。

また、油汚れ落としや消臭スプレーとしても使えますし、揮発性なので、水気を嫌う家電製品の掃除などにも便利です。

スポンサーリンク

エタノールスプレーの作り方

まずは、「消毒用エタノール」でスプレーを作ってみましょう。

方法は簡単で、スプレー容器にエタノールを入れ水で薄める、これだけです。

エタノール3に対して水を7の割合で作ると大抵のものに使えますが、汚れがひどいときはエタノールの比率を少し多めにするといいでしょう。

重曹スプレーだと二度拭きしなければいけませんが、これならば揮発するので、しゅっと吹付けたあと乾いた布でさっと拭き取るだけできれいになります。

エタノールスプレーは揮発してしまうので、作り置きはできません。

上手に活用するコツ

・「油」を分解

ガスコンロ周りのこびりついた油汚れでも、スプレーを一吹きしてから古布で拭き取ると簡単に落ちます。

油で茶色くなってしまったレンジフードやキッチンの壁なども、エタノールスプレーを吹きかけた雑巾で拭くと、気持ちよいくらい綺麗になります。

・トイレやお部屋のドアのノブをきれいにして除菌

手垢で曇ったドアノブや除菌したいトイレのさまざまな場所も、エタノールスプレーを使って拭けばまさに一石二鳥です。

簡単に汚れを落とすと同時に殺菌をすることが出来ます。

スポンサーリンク

・冷蔵庫の内側

直接食べ物を保存する冷蔵庫は、市販の掃除用洗剤で拭くのがためらわれますが、エタノールスプレーなら心配ありません。

化学薬品を使った洗剤とちがい、エタノールはお酒の成分でもありますから安全です。

・お部屋の壁や床

道具

壁や床にも直接スプレーして、クロスや雑巾でふくことで見違えるようにきれいになります。

ただし、フローリングの塗装をいためてしまうこともあるため注意が必要です。

・綿棒に付けて使う

リモコンなど細かい隙間やパソコンのキーボードなど細かいところは、綿棒につけて使うといいでしょう。

・玄関のカビと悪臭の防止

押入れやクローゼットの中、玄関の靴入れに直接スプレーをひと吹きすると効果的です。

消臭効果があるだけではなく、カビや雑菌の繁殖を防止することが可能になります。

必ず守ってほしい注意点

そんな万能のエタノールですが、掃除にはとっても役にたつ反面、注意すべき点もいくつかあります。

・火気厳禁!

火気厳禁

引火性があるので、作業前後も含め、火の気は厳禁です。なんらかの原因で発火してしまうと、火傷や火事の恐れがあります。

しっかり換気して、揮発しきるまで、火の気には十分に注意をしましょう。

・家電製品の掃除はコンセントを必ず抜いて

水気が苦手な電気製品の拭き掃除にも活躍しますが、家電や電気器具の表面やコード、配線の汚れを拭くときにはコンセントは必ず抜いておきましょう。

・長時間触れるなら手袋を

手荒れに気をつけて、長時間の拭き掃除にはビニール手袋をしましょう。

・ニス塗り家具、皮製品、スチロール製品には使わない

ニスやワックス、ラッカーを溶かしてしまうので、はがれや変色の原因になります。フローリングの床にも注意しましょう。

・多量の噴霧は事故の元

一度に多量に噴霧しないでください。万が一大量に吸い込んでしまったりすると、呼吸困難になったり酔ったりします。

・子供の手の届かないところに

 誤飲などの恐れがあるので、子供の手の届かないところに置くようにしてください。

・保管は細心の注意を

余ってしまったエタノールの保管ですが、必ず密閉して火の気がなく直射日光の当たらない冷暗所に置くようにしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする