掃除を上手にやるために知っておきたいコツ

OKサインを出す女性

日々のお掃除は手早く上手にすませたいと思うものです。

それにはコツがあります。ここでは掃除を上手にやるための基本から、グッズの使い方までご紹介します。

まずは基本を押さえるのが上手にやるコツ

・汚れの種類、使われてる材質を知る
家具や床材などは、使われている材質が違うので、それぞれに合った道具と洗剤を使うことで、素早く的確にできます。

スポンサーリンク

・手順の三か条
上から下へ
掃除は「上から下へ、奥から手前に、隅や狭いところを先に」が上手にやるための鉄則です。

ほこりや汚れは上から下へ落ちてきます。チリなどは奥から手前にかき出すと楽です。隅の方や狭い面から始めて、全体にすることで、し忘れた場所がなくなります。

これらの基本をおさえることで、効率よく上手に掃除を済ますことができます。

普段の心がけが億劫さを減らすコツ

いざ掃除をしようと思っても、億劫で先延ばしにした経験はありませんか。

そうならないためのコツは、ふだんのちょっとした手入れにあります。

ちょっとしたことで汚れがつきにくくなり、掃除の面倒さを大幅に軽減できます。

・キッチン周り

料理の後は、レンジ台まわりを水拭きしておきましょう。また、蛇口の根元をふきんでから拭きしておくようにします。

・浴室

入浴後に壁をお湯シャワー、水シャワーの順で流します。浴槽にお湯を張っている時は、しっかりとフタをしめるようにしましょう。

・トイレ

使用後は便器まわりを軽く拭いておくことと、目についたほこりを手ぼうきで掃いてゴミ箱に捨てる習慣をつけましょう。

これだけのことで、あとの掃除がずいぶん楽になります。

昔ながらのグッズを使う

掃除機を出してコンセントを入れて、床のものを動かして掃除を始めようにも、夜遅くともなるとご近所に迷惑がかからないかと心配になりますね。

そんな時には昔ながらのほうきやはたきが重宝します。
ほうきとはたきを持つ女性
まずは、窓を開け換気をよくし、はたきで高いところから順にほこり等の汚れを「はたき落とし」ます。

落ちてきた汚れをほうきで掃き出して集め、塵取りで受けごみ箱に捨てた後、きつく絞った雑巾で「拭き清め」ます。

スポンサーリンク

はたきを使うときは、力を入れずに一定のリズムを保ち、布をよく動かして、ホコリを落とすのが上手にやるコツです。

室内用ほうきで床などを掃くときは、後ろに下がりながら、目にそってほうきを動かします。

ほこりを立てないようにするには、絞った茶殻や、濡らして絞った新聞紙をちぎって部屋に撒きましょう。

お茶がらはカテキン成分で消臭、除菌の効果も期待できます。

固く絞った雑巾で、上から下に拭いていきます。畳の縁は汚れがしみ込んでしまうので拭いてはいけません。

木材でできているものは、目にそって、から拭きが基本です。

敷居も滑りが悪くなるのでから拭きにしておくのが無難です。

部屋のレイアウトを見直す

掃除を上手にやるためには、部屋のレイアウトから見直してみましょう。そうすることで、掃除の効率がとてもよくなります。

・家具と床の隙間

床と家具
家具の底面と床の間は、密着しているか掃除機のヘッドが入る高さを確保するかのどちらかにしましょう。

中途半端だと、掃除のたびに家具を移動する必要があり、大変手間がかかります。

家具を買うときは床との距離も考慮に入れるようにするといいですね。

・機器のコード

床のコードは静電気などでほこりがつきやすくなっています。まとめたり、マルチタップを高い位置に設置して床につかないように工夫しましょう。
 

・物を積み上げない

積み上げられた物は、どかしたり、崩れてきたりと、手間が増えます。物の置き場所を決めて使ったら、元に戻す癖をつけることで楽になります。

物を減らして、配置を見直し、効率的に動くことのできる部屋を目指すことが、結果的に掃除を上手にやることにつながります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする