重曹はなんでもきれいにするとっても強い味方です

jyuutannburasi

なにかと重曹が注目を浴びています。食用から掃除、薬用まで用途もいろいろで、主婦の大きな味方となっています。

掃除に使うものなら、500グラム200円くらいでドラッグストアなどで買うことができます。

重曹の正式名称は「炭酸水素ナトリウム」となります。

ここでは、重曹を使ったお掃除の方法について紹介してみたいと思います。

安全でさまざまな効果が期待できる優れもの

食用のベーキングパウダー(ふくらし粉とも呼ばれている)は、この重曹に複数の酸性剤や分散剤を加えたものです。

そのため、掃除で使用している最中に、万が一口に入ってしまっても大丈夫なところが優れた点です。

スポンサーリンク

掃除用として注目されるのは、研磨作用と消臭効果になります。

研磨剤として優れている点は、やわらかい結晶なので、傷つきにくいのに効果的に洗浄できるところでしょう。

消臭

発砲作用もあるので、パイプの汚れ取りやタイルの目地などの汚れを浮き立たせる効果もあります。

また、重曹は弱アルカリ性のため、酸性の脂汚れを中和させて水に溶かしだし、汚れを落としやすくします。

また、中和することで悪臭を吸収したり、水質悪化防止、微生物の繁殖を抑えるなどの効果も期待できるのです。

吸湿効果もあり、悪臭を吸収しながら、水分も取り込むので、クローゼットの中や下駄箱の消臭剤としても使えます。

▲重曹で簡単にできる芳香剤のつくり方

カーペットをきれいにする

カーペットやラグのお掃除前に、ぜひ重曹を撒いてから掃除機をあててみてください。

スポンサーリンク

それだけで、ほこりなどの汚れを重曹が吸い寄せてくれるので効果抜群です。

脱臭効果も期待できるので、ペットを飼っているお家などでもお試しください。

カーペットのしみを落としたいときは、重曹を水に溶かしたあと、乾いたタオルにつけて汚れを移し取るようにとんとんと叩いてみてください。

しみの部分に重曹をふりかけてこすってみてもいいでしょう。

魚焼きグリルを洗うときも大活躍

こびりついてしまった魚焼きグリルの掃除にも重曹は効果的です。
グリル
グリルの底の汚れが隠れるように重曹をふりかけます。

その上に水溶き片栗粉(片栗粉1:水2)を流し入れたら、火をつけて暖めます。5分ほどしたら火を止めて、グリルが冷めるまで待ちましょう。

手で触れるくらい冷めたら、指で固まった片栗粉を汚れと共にはがしましょう。

お湯でよく流したら、乾いあとに軽く重曹をふっておきましょう。

こうすることで、匂いも吸収してくれます。

スプーンや鍋、茶渋、シンク、水道の蛇口までピカピカに

鍋みがき
食器や台所の流し周りは、スポンジに重曹の粉を軽くつけてこすり洗いをしましょう。

面白いように黒ずみや茶渋、水垢がとれます。

水道の蛇口部分やボルトなどの部分は、古歯ブラシに少量つけてこすってみてください。

見えてなかった黒カビなども落ちて、さっぱりピカピカで明日からの炊事が楽しくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>