畳をきれいにするための賢いクリーニングのやり方

tatami

フローリングが主流になって、畳の部屋を見ることが少なくなりましたが、自然素材としての畳の良さがまた見直されてきました。

置き畳としてフローリングの床に置いたり、ベッドマットとして畳を使ったりと用途も広がってきています。

イグサの清涼感のあるどこか懐かしい匂いは、心を落ち着かせてくれますね。そこで畳の掃除の仕方についてご紹介しましょう。

基本の作業手順と注意事項

まず掃除機で丁寧に畳の表面のホコリを取りましょう。その時に気をつけるのは、必ず目にそって傷がつかないようにゆっくりと丁寧にやることが大切です。

スポンサーリンク

ダニのふんや死骸、餌となるホコリやゴミを取り除くのが目的です。

そのあと、お湯で固く絞った雑巾で目にそって拭きます。最後に乾いた綺麗な雑巾で乾拭きをしたら掃除完了です。

この時、ぬれた雑巾は絞り方が緩いと、水分が浸透して、畳にカビやダニが発生する元になりますので、必ずきっちりと絞るようにしましょう。

ほうきで掃除をする場合には、使い終わって水分を絞ったお茶がらを撒いてから、ほうきで掃いていきます。

水分を含んだお茶がらがホコリを吸着し、舞いあがるのを抑えてくれるのです。その後、乾いた雑巾で乾拭きしましょう。

流行の掃除機ロボットは、あまりお勧めできません。目にそって掃除をしてくれるわけではないので、畳を傷めてしまう場合があります。

汚れなどがひどいとき

・表面が日焼けしてしまったとき

お酢
畳の表面が赤く日焼けをしてしまった場合は、お酢を使ってみましょう。

先に掃除機をかけ、バケツにお酢を5倍に薄めたお湯に雑巾を浸し、かたく絞って目にそって拭き、最後に乾拭きします。

なるべく乾燥している時期にやるか、エアコンや扇風機を使って早めに乾かすようにしましょう。

スポンサーリンク

・こびりつき汚れの場合は

古歯ブラシと布
畳にこびりついてしまった汚れは、塩が有効です。

軽く荒塩をまいて歯ブラシなどで目にそって汚れを掻き出したあと、掃除機で吸い取ります。

何回か繰り返しても落ちない汚れは、重曹を歯ブラシに直接つけて汚れを掻き出しましょう。

その後、かたく絞った雑巾でしっかり拭き取り、最後に乾拭きします。

・カビが発生した場合

畳にカビが発生してしまった場合には、中性洗剤を薄めて雑巾を浸し、固く絞って拭き取ります。

その後、消毒用アルコールを布にとって軽く拭き、乾かした後に掃除機をかけます。

・ダニが発生したとき

畳というのはダニが発生しやすい場所です。特に絨毯などを敷いている場合にダニの発生が起こりやすくなります。
ダニ
もしダニが発生してしまったら、燻煙剤などを使って退治をしましょう。

燻煙剤は2回使用してください。まず現在いるダニを退治するために使用し、2週間後くらいのダニの卵がかえる頃、もう一度燻煙剤を使用するとかなりの効果があります。

ダニ退治をしたら、下に防虫シートを敷くなどの対策を心がけましょう。

その他、畳を使用するときのコツ

・畳干し

余計な湿気をとるために半年に1度くらいのタイミングで畳干しをしたいものです。

裏面を太陽の光にあて、ほこりを叩き出しましょう。干すことが難しくても、立てて風を通してあげるだけでもずいぶん違います。

・家具の跡

家具の跡がついてしまったら、熱めのお湯で絞った布(タオルなど)をあて、その上からアイロンをかけてみてください。

そのあと、ドライヤーや扇風機で早めに乾かします。

・焦げ跡

コットンにオキシドールを含ませて軽く叩きましょう。漂白されるので焦げ跡が目立たなくなります。

・畳の取替え時

表面が黄色くなってきたら、取替え時です。畳床がしっかりしている限り、表を張り替えるだけで長く使用することができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>