網戸の汚れを落とすときに知っておきたい便利なワザ

あみどOK

網戸の掃除はいったん取り外して、ホースなどで水をかけながらスポンジで汚れを落とす方法が一番効率的ですが、大掃除並みの労力となります。

網戸の汚れはほとんど水洗いで簡単に落ちるし、乾かさなくてももとの場所にはめておけば良いので、洗う場所があればこれが意外と手っ取り早い方法です。

しかし、家に狭いベランダしかないとか、網戸が外せない仕組みになっていたり、外すのが面倒だという場合には、次のような方法もあります。

新聞紙を使った方法

網戸の片面に新聞紙をすみずみまで貼りつけます。そして新聞紙を貼らなかった面全体にクリーナーをあててほこりを吸い込みます。

スポンサーリンク

ブラシで軽くこすりながらクリーナーをあてていくのも効果的です。

前面に新聞紙を貼るのが面倒なら、裏側に新聞紙をあてがい、片方の手で押えながら、反対の手でクリーナーを動かしながら汚れを吸い取っていっても問題ありません。

新聞紙

新聞紙のおかげで、ほこりの吸い込みがよくなるのです。

その後、新聞紙を外してスポンジで網戸を両側からはさみこむようにして、同時にやさしくこすって汚れを落とします。

力を入れすぎると、たわんだり、破損したりする原因になります。

洗剤を使う場合には、泡で汚れを浮かすような気持ちで両側から泡立てていきましょう。

そのあと充分に洗い流したスポンジや、雑巾などで、泡を充分に落とすように拭き取りましょう。

メラミンスポンジを使うのも便利

バケツとぞうきん
ドラッグストアや100円ショップで簡単に入手できるようになったメラミンスポンジを使っての網戸掃除も便利です。

ほかに用意するのは、水道水とバケツというお手軽さです。

スポンサーリンク

大きめのメラミンスポンジを水で濡らし、よく絞って、上から下、右から左と、規則的に軽く、力を入れずに拭き下ろしましょう。

スポンジが汚れたら水で洗ってください。また、スポンジ本体が削れて出たゴミ、綿ぼこりなどは、クリーナーを当てて吸い取りましょう。

▲洗車ブラシを使った網戸の洗い方

洗浄スプレーを使う場合

洗剤
風呂場やトイレの窓にある小さい網戸や、取り外せない網戸の掃除には、洗浄スプレーを使うのもいいでしょう。

内側から吹きつけてしばらく放置すると、洗浄液が汚れを含みながら下に垂れてきます。

下が汚れてしまうので、洗浄スプレーを吹き付ける前に、雑巾や古布を押し込んでおくのがポイントです。

数分おいたら、雑巾をすすいで水拭きをします。

マンションなどの高層階と低層階や一戸建てでは汚れの質が違う

マンションの低層階や戸建てと、マンションの高層階では網戸の汚れ方に違いがあります。

そして、それぞれの汚れ方にあった掃除方法があります。

風の通りがいい高層階の網戸は、開口部の少ない構造が影響して、綿ほこり、油煙、ヤニ、煤煙などが風が吹き抜ける際に付着します。

高層階は水を使えなかったりと、掃除方法に制約が多いこともあるので、メラミンスポンジを使う掃除方法が簡単で効果的です。

屋内側には、調理時の油が混じった汚れも付着しやすいので、水1リットルに対し重曹小さじ1を溶かしたものを使用しましょう。

重曹はアルカリ性なので、油汚れなどの酸性の汚れを分解し、泡立たないので便利です。

メラミンスポンジをこれに浸して絞り軽く拭きおろしていきます。

一戸建ての住宅や低層階のマンションの網戸は、主に屋外からの泥や砂によって汚れていることが多いので、簡単な水ぶきなどですみます。

網戸はきれいにしておかないと換気をしたときに家の中に網戸に付いていた汚れが入ってきてしまい、カーテンを汚したりしますので、まめに掃除をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>